ホーム > 導入事例

導入事例

さまざまな部門に分散しているデータを 1ヶ所に蓄積し、企業のトップから現場の担当者までがデータを活用することで知識が共有されます。各業界のリーダー企業はすでに全社規模のデータを Teradata に蓄積し活用することで、より迅速で、戦略的・戦術的な意思決定を行っています。30年以上にわたり、世界で 2,500システムを超えるデータウェアハウス導入実績の中から、国内外の事例をご紹介します。

最新事例

Yahoo! JAPAN は ユーザーの課題解決と日本に貢献する未来予測で利益を拡大

Yahoo! JAPAN はユーザーのオンライン行動を効果的に分析し利益を拡大するだけでなく、ユーザーの課題解決と日本に貢献するために未来予測を行っています。 Teradata統合データウェアハウスと定期的なバッチ処理や分析するまでのデータのステージングである Hadoop が、Yahoo! JAPAN のデータ分析を支えています。

動画をみる

 

注目事例

ビッグデータがデータ分析の質を変え、『リアルタイム・パーソナライズ』の実現を目指す

パソコンやスマートフォンからのアクセスが増えWebアクセスログが増加し、また分析内容の複雑化による分析環境のパフォーマンス低下といった課題が発生していました。その一方で、カタログやインターネットなど複数のチャネルで発生するデータを統合して顧客行動をきめ細かく把握するといった、新しいデータ分析方法に対応できるシステムへの要求も高まっていました。【株式会社千趣会(流通業)】

事例を読む

顧客ニーズの変化を捉えた戦略・施策の展開をデータベース統合の実現により大幅に加速

2つのシステムで管理されていた顧客情報を Teradata に統合した結果、各施策の PDCAサイクルを迅速かつタイムリーに回せるようになりました。また、各施策の精度向上に貢献するだけでなく、より顧客満足度の高い新製品・サービス開発にもつながっています。【株式会社りそな銀行(金融業)】

事例を読む

新CRMプロセスの確立により長期的な視点による顧客戦略を描く

オムニチャネル対応やクロスセル、アップセルといったシナリオに基づく新たな CRMプロセスの実現により、顧客ニーズをタイムリーに捉えた商品・サービスの提案や適切なフォローアップが可能となり、顧客の維持(リテンション)強化につながっています。【株式会社東京スター銀行(金融業)】

事例を読む

データ駆動型の意思決定を通じて、製品デザイン、品質、コスト削減、顧客満足の向上を推進

世界中の自動車メーカーは、車両から生成されるデータを活用しようとしています。しかし、そのデータ量は非常に多く、すぐに利用できる洞察をデータから見つけ出すためには、高度な ITインフラストラクチャと機敏なデータ駆動型ビジネスプロセスとの進化した組み合わせが必要になります。企業には、多種多様なソースからの膨大な量のデータを集約、統合、分析し、その結果に応じて素早く対処する能力が求められており、この点において Volvo Car Corporation ほど習熟度の高い企業はありません。【Volvo Car Corporation(製造業)】

事例を読む

事例ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

 

国内事例