ホーム > 情報ライブラリー > Teradata動画集

Teradata動画集

Teradata製品/ソリューションを分かりやすく説明する動画を集めています。

シーメンスのビジネス課題はデータが解決

シーメンス は、データ分析し、確実な運行と顧客のニーズに応えるよう努めています。(Time: 3:48)

PG&E:スマートメーターとビッグデータがデータ分析をパワーアップ

パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック社(PG&E)は、スマートメーターとビッグデータを活用し、需要と共有を管理しています。(Time: 5:19)

データ主導型ビジネスで前進するバルメット

バルメットは、データと分析を活用することで、長期契約を結ぶお客様に付加価値を提供しています。(Time: 1:08)

NCR:データ主導によるビジネスの転換

テラデータは、NCRがデータを活用し、顧客に最適な製品とサービスを提供することで、顧客企業が洞察(インサイト)を獲得できるよう支援しています。(Time: 0:56)

遠傳電信(FarEasTone):データを活用し、顧客とのつながりを強化

電気通信会社の遠傳電信は、顧客のデータを分析し、セールス、サービス、収益を見極めています。(Time: 1:05)

eBay:ビッグデータを使ってコミュニティとつながる

eBay はテラデータと共にデータを活用することで、データからパワーを引き出し、顧客体験の改善に取り組むことで、ビジネス全体をプラスの方向に押し上げています。(Time: 1:01)

データ主導型マーケティングによるロイヤルティ向上でナンバーワンのコンビニを目指すセブンイレブン

セブンイレブンは、1日700万以上のトランザクションを活用し、モバイルアプリを使った顧客との対話的なロイヤルティプログラムを開始しています。(Time: 6:05)

データ主導ビジネスを推進する Volvo

データ主導ビジネスを推進する Volvo
Volvo は、データ主導企業として製品保証、メンテナンスサービス面で顧客満足度の向上に成功しています。(Time: 1:26)

オランダの固定/携帯電気通信企業がデータで競争力を加速

KPN は、オランダの固定/携帯電気通信企業。企業のビジネス課題やビジネスクエスチョンを解決するために、データを活用しています。(Time: 1:12)

Yahoo! JAPAN は ユーザーの課題解決と日本に貢献する未来予測で利益を拡大

Yahoo! JAPAN はユーザーのオンライン行動を効果的に分析し利益を拡大するだけでなく、ユーザーの課題解決と日本に貢献するために未来予測を行っています。 Teradata統合データウェアハウスと定期的なバッチ処理や分析するまでのデータのステージングである Hadoop が、Yahoo! JAPAN のデータ分析を支えています。(Time: 4:22)

歴史ある企業がデータを活用し再出発

アメリカのフォード・モーターとカナダのマッケイン・フーズは、創業100年以上の歴史ある企業です。サプライチェーン、製造、小売のデータを企業資産として活用し、データ駆動型企業へと変わりました。 IT と業務改革への挑戦と経験を、両社の IT担当者が紹介します。(Time: 03:47)

統合データ分析でゴルフ業界のトップに

PING(ピン)では、カスタムゴルフクラブを受注後48時間以内に顧客に提供するため、注文、カスタマーサービス、予測、海外生産といったビジネスのあらゆるデータを Teradataデータウェアハウス(DWH)に統合し、活用しています。製造担当者は、どの注文を優先すべきか、部品の在庫状況などを Teradata DWH に問い合わせ/確認することで生産性を飛躍的に向上させ、顧客のニーズに応えています。(Time: 02:26)

フォードの成功の秘密

フォード・モーター社は、保証(ワランティ)、トレーサビリティ、顧客行動、原価、そしてサプライチェーンといったグローバルデータの統合と標準化を行い、「One Ford」という事業戦略同様に、ビジネスにおけるさまざまな洞察を得ることができる「One Data Ford」のデータ分析基盤の構築を推し進めています。同社がどのようにデータを活用し、競争優位に役立てているかご覧ください。(Time: 03:57)

Teradata QueryGrid™

Teradata QueryGrid™は、簡単に複数のシステムに接続して、データと分析ツールとの連携を可能にします。データセットを複数の分析エンジンで処理し、膨大な費用や労力をかけずに顧客の洞察が得ることが可能です。(Time: 1:35)

Teradata Connection Analytics

私たちは影響力が絶えず移動する巨大で複雑なネットワークの一部であり、ネットワーク内の関係が大きなビジネスチャンスをもたらします。Teradata Connection Analyticsは、つながりを追跡するだけでなく、そのつながりがどう影響をし、ビジネスにとって何を意味するのかを示します。(Time: 2:01)

次世代分析をサポートする Teradata Aster Discovery Platform

Teradata Aster Discovery Platform が実現する次世代データ分析は、共通フレームワーク (Teradata Aster SNAP Framework) に統合されている SQL、MapReduce、Graph (SQL-GR) といった分析エンジンを使い、ビッグデータに隠された新しい真実を探し出します。この次世代の分析エンジンにより、企業は複雑なビジネス課題を解決するヒントとなる洞察を発見し、迅速に重要な意思決定を行えます。(Time: 02:17)

Teradata Columnar:スマートな方法でデータ分析

大半のデータベースは行全体を読み込みますが、Teradata Columnar は、行単位、列単位の読み込みや行と列のハイブリッドの読み込みを高速処理します。また、データは自動的に評価・圧縮されるため、さらにパフォーマンスを向上させます。(Time: 1:23)

Teradata Workload Management

このアニメーションでは、Teradata Workload Management for SLES11 のハイライトである「優先順位の設定」、「フィルタ」、「スロットル」、「例外処理」、「スマートマトリックス」、「仮想パーティショ」そして「Viewpoint」をご紹介します。(Time: 2:55)

Teradata、Aster、Hadoopテクノロジー統合の価値

Teradata CTO、Stephen Brobst が Teradata、Aster、Hadoop で構成される Unified Data Architecture の活用利点を解説します。この強力なテクノロジーの組み合わせにより、データ・サイエンティストはデータの価値を明確にする最適なツールを装備することになります。(Time: 1:41)

Teradata Intelligent Memory

アクセス頻度が最も高いデータを自動的かつ透過的にメモリーに格納することで、コストをかけずにインメモリー・データベースのパフォーマンスを実現します。プラットフォームの大容量メモリーを活用するこの革新的なインメモリー技術は、データベース管理者の介入は必要ありません。アクセス頻度が最も高いホットデータが、自動的にメモリーへ格納されることで、高速なデータアクセスとクエリー処理時間の短縮を可能にします。(Time: 02:48)

Teradata Hybrid Storage 使用により高速なデータ洞察を可能にする

Teradataのハイブリッドストレージ技術を実際に使用しているお客様のインタビューを交えながら、高速なデータの洞察を達成するための有効な方法を紹介しています。(Time: 1:52)

業界初仮想化ストレージ技術 「Teradata Virtual Storage」

Teradata Virtual Storage (テラデータ・バーチャル・ストレージ:TVS)は、Teradataデータベースのデータを格納するストレージを“仮想化”する技術です。ストレージを仮想化することによって、ストレージ全体があたかも巨大な 1つのプールのようにみなされます。

地理空間インテリジェンス「Teradata Geospatial」

データウェアハウス内のデータと地理空間データを統合することで、企業の分析力をより強化することが可能になります。

時間を認識する「Teradataテンポラル機能」

時間を認識するデータベースが、新しい次元の分析を実現します。

ビッグデータ戦略を導く Teradata Unified Data Architecture™

ビッグデータ戦略が魔法のようにビジネス価値をもたらすことを期待するのではなく、Unified Data Architecture を構築することで、ビッグデータの格納を越えた真のデータ駆動型ビジネスを実現します。- データから洞察を得て、既存のプロセスやツールで行動に移します。テラデータはこのアーキテクチャを構築し、新たなアプローチから実際のビジネスに真の価値を得ることで企業を支援しています。(Time: 1:58)

データ統合の価値とは?

企業が直面している最大の課題はデータを資産として見ることです。すべてのデータを資産として統合することにより無限の可能性が広がります。しかし、大半の企業は、最適な技術を使っていないため、データ統合からの価値を享受できずにいます。(Time: 3:02)

データ活用で変わる ともこさんの一日

企業がさまざまなデータを分析・活用することにより、消費者の生活は大きく変わります。本ビデオではその一例を紹介します。

  • 通信会社のジオマーケティング
  • 小売業や銀行でのリコメンドサービス
  • 製造業や保険会社でのテレマティクスデータ活用 など

テラデータのビッグデータ分析ソリューション、統合マーケティングアプリケーションは、企業がすべてのデータを活用し、自社の顧客やビジネスをより理解することで重要な意思決定を実行できるよう支援しています。(Time: 4:42)

Teradata がベストな意思決定を実現します

テラデータは、統合データウェアハウス、ビッグデータ分析、およびビジネスアプリケーションにフォーカスした、データ分析ソリューション分野における世界最大規模の企業です。革新的な製品とサービスがデータ統合とビジネスの洞察力を実現し、企業を競合優位へと導くベストな意思決定を可能にします。