ホーム > プロダクト&サービス > Teradataデータベース > Teradata Database 14

Teradata Database 14

迅速なレスポンスであらゆるビジネス・ニーズに対応する
最新データベース・エンジン

データ量が増大し、分析要件がますます複雑化している今日、データウェアハウス構築の成功は、データベース・エンジンのパフォーマンス、スケーラビリティ、そして管理の容易性に依存します。Teradata Database 14 は、比類ないパフォーマンスとスケーラビリティに加え、効率的な自動管理機能を兼ね備え、企業のあらゆる意思決定を強力にサポートします。

 

主な特長

行と列のハイブリッド・データベースと自動圧縮を実現する
Teradata Columnar

水平的な行と垂直的な列によるハイブリッドなパーティションで、テーブルの新たな物理データベース設計を可能にする技術です。アプリケーションに応じて、列指向と行ベースの物理ストレージを組み合わせることができます。検索のクエリーに必要なカラム(列)だけがアクセスされるため、I/O は大幅に削減され、パフォーマンスが向上します。また、Teradata Columnar は自動圧縮機能も備えています。データベースがデータの属性を自動的に判断し、複数の圧縮アルゴリズムから最適な手法を組み合わせて適用することで、ストレージ容量を大幅に節約します。さらに、時間とともにデータが増大するにつれて圧縮アルゴリズムを動的に調整するため、常に効果的な圧縮状態を維持します。

Teradata Columnar について詳しく見る

コールド・データに対する圧縮機能

データウェアハウス上のデータには、頻繁にアクセスされるホット・データとアクセス頻度の低いコールド・データが混在しています。データベースがコールド・データを識別して、自動的に圧縮率の高いブロック・レベル圧縮(BLC)1を適用します。また、データのアクセス頻度が高まると、圧縮されたデータは自動的に解凍されます。データ圧縮のプロセスを簡素化すると同時に、最適なパフォーマンスとストレージ使用率を実現します。

1:データ・ブロックが実際にストレージに書き込まれる前に、ファイル・システム・レベルでデータ・ブロックを圧縮します。マルチ・バリュー圧縮やアルゴリズム圧縮よりも大きな圧縮効果が得られます。

強化されたワークロード管理機能

テラデータの先進的なワークロード管理機能2がさらに強化され、システム・リソースを企業内のグループや部門間で割り当てる仮想パーティションをサポートします。これにより、例えばマーケティング部門にシステムの 35%を割り当て、製造部門と財務部門には 25%ずつ割り当て、その他の部門に残りの 15%を割り当てるといった仮想的なリソース管理が可能になります。また、それぞれの仮想パーティションの中で適切なワークロード管理を設定できるため、優先順位の高いクエリーにより確実に必要なシステム・リソース(CPU および I/O)を割り当てることができます。

2:この機能を利用する場合、OS は Novell SUSE Linux 11にする必要があります。

 

その他拡張機能と利点

機能
利点
容易なアプリケーション移行 新しいデータ・タイプ(ARRAY、NUMBER)や新たな関数を 70 以上サポートします。1つのカラムに複数の値を列挙して格納する ARRAY型をはじめ、文字列関数、数値関数、日付関数などをサポートし、他社製データベースやアプリケーションからの容易な移行を実現します。
行レベル・セキュリティ データの内容(重要度や機密度)に基づいて、テーブル内の行に対するアクセスに制限をかける機能です。必要なデータを必要な役割の人だけにアクセスを許可することが、今まで以上に詳細レベルで容易に行えるため、セキュリティが向上しガバナンスを強化します。
カレンダー機能の強化 3種類のビジネス・カレンダーをサポートし、セッション毎に適用するカレンダーを指定できます。また、さまざまなカレンダー情報を取得するビューを提供します。国や企業の状況に応じて週の開始日や祝日を柔軟に設定したり、独自のカレンダーを作成できます。これにより、日時操作に対する精度と使いやすさが向上します。
統計情報の強化 統計情報収集のパフォーマンスを改善し、SAMPLE PERCENT や SUMMARY などの新たなオプション機能を追加します。パフォーマンスの改善により、統計情報収集の時間が短縮されると同時に、各種追加オプションにより統計情報コマンドの利便性を向上します。
パーティション制限の緩和 テーブルの格約領域を分割するパーティション数の制限を 65,000 から 9.2 x 10の 18乗に増加すると同時に、階層を 15 から 62 に拡張します。また、TIMESTAMP と BIGINTデータ型を新たにサポートします。使用できるパーティション数と階層、そしてデータ型が増えることで、パーティションの定義がより柔軟になり、パフォーマンス改善の機会が増えます。
パーシャル・オンライン再構成 再構成作業中にユーザーがシステムを利用できる時間を拡張すると同時に、再構成にかかる時間を見積もるツールを提供します。再構成に伴うシステムのオフライン時間を低減することで可用性を向上します。また、見積もりツールによって再構成作業の計画が改善されます。
ブロック・レベル圧縮(BLC)の強化 プライマリ・データとフォールバック・データを個別に圧縮できる他、圧縮状況や圧縮率の予測を表示するようにコマンドを強化します。フォールバック・データだけを圧縮することで、パフォーマンスへの影響を最小化しながらストレージを有効活用できます。また、圧縮率の予測が可能なため、より正確なキャパシティ計画を策定できます。
 

関連リンク

Teradata Database 14 製品カタログをダウンロードする(PDF)